スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

農薬の話し (パパの日記)

アップロードファイル 7月8日(日) 19週4日 アップロードファイル

週に2回ほど区民農園へ行って、野菜の収穫と管理をしています。

これまでに、ゴーヤ、ナス、ピーマン、ミニトマト、パクチー、シソ、
ネギ、ニンジン、ズッキーニ、インゲン、エダマメ、コマツナ、
レタス、ラディッシュなどを収穫しました。

ゴーヤ全部、有機肥料を施して、無農薬で栽培しています。

これは収穫したゴーヤ。

地面に触れて曲がってしまったのもあるけど、まあまあでしょう?

ピーマン  こちらは収穫前のピーマンです。

  有機肥料で栽培したので、無農薬でも、いい野菜が収穫できました。
  正確には、「無農薬でもいいものができる」のではなくて、
  「無農薬だからこそ、いいものができる」のだと僕は思っています。

  詳しくはまた今度。

前にも、また今度書こうと思って、そのままになっていた農薬の話を書きます。

以前、「農薬は、基準どおりに使われたとしても危険だし、
そもそも現場で基準どおりにきっちり使用されているわけではない」という話を書きました。
↓以前の記事↓
 http://mydearsweetheart.blog98.fc2.com/blog-entry-113.html

そこで、無農薬か農薬の使用量・使用回数が少ないものを選んで買いたいし、
食べる前にできるだけ農薬を落としたいものです。

++++++++++

まず購入時に気をつけるポイントは・・・

旬のものを食べる
 旬のものは、農薬や化学肥料にあまり頼らずに栽培されたものが多いです。
 逆に、旬ではないものを栽培するのは難しいですから、殺虫剤や殺菌剤、
 除草剤などの農薬、化学肥料を使う場合が多いようです。
 作物の旬は、最近は分かりづらくなっていますが、値段の安いものです。
 旬のものは、そうでない時期に比べると栄養価も高いです。

有機JASマーク
 「有機」「減農薬」「特別栽培」「エコ○○」「自然○○」などなど、
 色々な表示が氾濫して分かりづらいですよね。
 基本的には、「有機」と「無農薬」の方が相対的に安心できます。
 ただ、意外と知られていませんが、「有機=無農薬」ではありません。
 有機栽培でも使用が認められている農薬があります。例)硫酸銅など
 僕自身、昔は「有機=無農薬」だと思っていました。
 有機農産物生産工程管理責任者の資格取得の際に初めて知って、驚きました。
 
++++++++++

続いて、調理時に気をつけるポイントは

水洗い・下ゆで・皮むき

 残留農薬の多くは、水洗いや下ゆでなどで減らすことができるそうです。
 この際、ゆで汁は捨てたほうが良いようです。
 また、茹でることで「硝酸態窒素」という場合によっては害になりうる
 作物内に過剰に蓄積された窒素を減らすことができます。
 茹でると栄養素も流出してしまうのですがε=(。・c_・。`;)

 皮や外葉(キャベツや白菜の外側の葉)を捨てることも重要です。
 特に、防カビ剤の塗られた輸入かんきつ類の皮は危険です。


これらは、農薬の怖さを垣間見たことで採るようになった予防策です。
一般的に行われていることかもしれませんが、参考になりますでしょうか?

スポンサーサイト

このお話し、葉菜ちゃんにも聞いてびっくりしました[!]
ほとんど無知なことばかりで、これからは気をつけてみよう・・・と思います[☆]
また、勉強になるお話し、聞かせてくださいね[♪]
[ 2007/07/21 12:43 ] あちゃ [ 編集 ]
[ねこ] あちゃさんへ

コメントありがとうございます[ニコニコ]
なかなか難しいことですが、なるべく安全なものを食べたいですよね。
[ 2007/07/22 22:42 ] スゥ→あちゃさんへ [ 編集 ]
コメントの投稿
*題名・名前は必ず記入してください。お願いいたします。
*特に、題名がないと管理人による再入力が必要になります。












絵文字は、↑の18種類のみをご利用ください。 最後の5つ↑は管理人専用です。




プロフィール

スゥ&マヤ

Author:スゥ&マヤ
  結婚7年目の二人です。
  お空にお兄ちゃんの航星がいます。
  地上に妹のマナちゃんがいます。
  猫の葉菜、お空の猫クゥも家族。
  6人家族です♪

いくつになったの

最近のコメント
私たちへのお便りはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

ご訪問ありがとう☆
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。