スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

初めての小児科 (ママの日記)

リボン 11月30日(金) 生後23日 リボン

マナ、生まれて初めて小児科にかかりました。
理由は『オムツかぶれ』です。


オムツを聖路加で使用していたメリーズからパンパースに替えました。
替えたとたんにプツプツができ始めました困マナには合わなかったのかな?

お尻の穴の周りが2センチくらい赤くただれていてたいしたことないのだろうけれど、
ひどくなる前に治したいのと、予防方法があれば教えていただきたかったので
小児科へ行くことにしましたアップロードファイル

しかし!この時期の小児科といえば風邪の子どもたちで賑わっているのでは?
と心配でしたので、かかるべきかどうか聖路加の小児科に電話で問い合わせてみました。

すると、感染などしないように配慮しているから、心配ならぜひいらっしゃいとのことでした。
しかも夕方診療という特別枠があって、今すぐにでも大丈夫とのことで夕方18時半頃アップロードファイルへ。

診察券  聖路加で生まれると、生まれた時から小児科の
  主治医が決まっていて、出生届が出される前から
  診察券が発行されています。

  マナも退院前に診察カードをいただきました。
  出生届の提出より前にいただくので、
  お名前のところは「○○ ベビー」となっています。

  このカードをいただいた時、それはそれは嬉しくて
  仕方ありませんでしたアップロードファイル

私たち夫婦にとって、『マナの名前が記してあるもの=生きている証』だったんです。
航星の時、名前を記してあるものなんてお墓の石くらいだったのですから・・・


そのカードを持って受付へ。
待合室は風邪の子がいるということで、受付でしばらく待つように言われました。
1分もしないうちに看護師さんが職員用の入り口から診察室へと案内してくださいました。
「先生の方が移動しますから、このまま診察室でお待ちください」とのこと。

ありがたいです笑顔
看護師さんも、先生も、受付の方も皆さん優しくて丁寧。
設備も清潔で綺麗な病院で、安心して診察を受けることができました。

近所にも小児科はありますが、他の病気をもらいそうだし、ここまでの配慮はないなぁ。
なので、今後も幼児のうちは聖路加の小児科にかかることにしましたアップロードファイル

そうそう肝心の診察結果は、やっぱり「たいしたことない」でした。
排便のたびにお尻を洗うこと、しっかり乾かしてからワセリンを薄く塗って皮膚を保護し、
おむつをつけることと指導を受けました。
ひどくなった時用に、念のため亜鉛華軟膏をいただきました。

これからはオムツかぶれにならないようにするからね!
ごめんね、まなっぺ。。。ヾ(;´▽`A``

++++++++++

執筆日 2008年1月17日

スポンサーサイト

[ 2007/11/30 22:00 ] マナの成長 | コメント(0)
コメントの投稿
*題名・名前は必ず記入してください。お願いいたします。
*特に、題名がないと管理人による再入力が必要になります。












絵文字は、↑の18種類のみをご利用ください。 最後の5つ↑は管理人専用です。




プロフィール

スゥ&マヤ

Author:スゥ&マヤ
  結婚7年目の二人です。
  お空にお兄ちゃんの航星がいます。
  地上に妹のマナちゃんがいます。
  猫の葉菜、お空の猫クゥも家族。
  6人家族です♪

いくつになったの

最近のコメント
私たちへのお便りはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

ご訪問ありがとう☆
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。